寄稿「馬着山」

寄稿「馬着山」

コースは、大山隠岐国立公園の五本松公園・地蔵崎遊歩道と言いますので、登山というには面映ゆいですね。山頂は稜線遊歩道の標高210メートル、旧海軍施設のあった地点ですが、知らないと「あれ、どこだっけ?」ということになるので注意が必要です。

関の街は、古くからの観光名所で山陰最古の灯台、青石畳の路地、国指定重要文化財の美保神社などがあり、じっくり巡ると山道を歩くより長いかもしれません。

周りの海辺の村は地名に「浦」がついていますが、ここは美保の「関」。海の関所の役目を担ったのでしょう。

知り合いの母娘と抜きつ抜かれつ、取材なのよと寄り道たくさん。全部含めて山歩き!イカ焼きも食べればよかったかな。

「山の特徴が出て、よくまとまっているね」とほめられて、妙に嬉しかったです。