長いような、早いような。

長いような、早いような。

中学生から数えて制服を着る生活が36年。それを捨てて1年がたちました。

1日は長いけれど、1週間は早いという感覚の繰り返しでした。

周りの方から見れば、「まだ1年なの」といった返事です。それ以前からパン販売をしてきましたからね。

今、物価高騰とコロナウイルス感染拡大第7波の渦中です。

1年前は第5波でした。会社を辞めるのに最悪だと思いつつ、じゃあいつだったら起業するに安心なのかと自問自答し、会社を後にしました。「これ以上悪くならない=これから良くなる」小さな起業も増えているとも聞きました。

今、その時と比べてどうでしょう。少なくとも物価高を見るなら、去年お店をリニューアルしてよかったと思いました。

年配の方が美容院を開くのに、店舗の見積もりが何倍にもなったお話を伺いました。1970年代のオイルショックのころです。あれは中東戦争が原因でした。

ウクライナとロシアの戦争もまだ終わりません。コロナ感染拡大も猛烈です。

でも、後悔どころか自分はツイているほうです。ただ今は、じたばたしてはいけないな。でも発想はもっと自由に!